スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

八日目の蝉

「八日目の蝉」を観ました。

【ストーリー】
1985年、不倫相手との間にできた子供を中絶せざるを得なかった希和子(永作博美)は
不倫相手の子を誘拐して「薫」と名付けわが子として育てる。
4歳になり初めて実の両親の元に戻った薫=恵理菜(井上真央)は、育ての母が誘拐犯であったと知り、心を閉ざしたまま成長する。やがて21歳になった恵理菜は妊娠するが、その相手もまた家庭を持つ男だった。

----------
なんか切なかったです。

恵理菜が自分が育った場所へ行って、
過去と向き合うことによって自分は愛されていたんだって
思えたことはよかったと思う。

最後写真館へ行って記憶を辿るところは感動したな。

4年間愛情いっぱいに育てられたけど、
育ててくれた人は実の母親ではなく母から奪った人で・・・
そこがまた複雑でその後心を閉ざしてしまう原因なのだけど
過去を辿っていくことで自分の中に母性があったんだと確認
できたところは良かったなぁ。

恵理菜の母親は旦那に浮気をされた、という点では
可愛そうだけど結構酷い描かれ方でしたね。
希和子に味方しちゃう。

私が独身なせいもあるかも?
希和子寄りに観てしまい、ずっと見つかることなく薫と
過ごせたらいいのに・・・って思ってみてました。
けど、現実、成長して小学校入学とかになったら、
戸籍とか手続き上絶対ボロが出てくるよなぁ~って思って。

そういう心配は映画の中でも描かれていて、
4年後、希和子自身捕まってほっとしている部分があったのかもしれない。
もっと一緒にいたいけど限界はあったのかなって。

なかなか思い通りにいかなくて精神的に思いつめられる
実の母親も可愛そうなんだけど・・・
意地悪な感じだったからあんまり味方にはなれなかった。

なんかね、希和子と薫がずっと一緒だったらいいな、って
思いながら、妻、不倫相手、恵理菜と一緒に行動する子への
感情を吐き出しながら観ていたら結構疲れた(笑
映画の時間自体長いのもあるけど(2時間半)。

最後希和子がどうなったのか気になるけど、
恵理菜の未来が明るいものであればいいなぁと思いました。

comment

post a comment


管理者にだけ表示を許可する

月別

プロフィール

りん

Author:りん

仙台在住のOLです。毎日笑顔で!をモットーに日々過ごしています。

楽天市場

お気に入り

検索フォーム

QRコード

QRコード

オススメ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。