スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

私だけのハッピー・エンディング

少し前のお話なので、もう公開はしていないけど・・・
『私だけのハッピー・エンディング』を観てきたよ。

広告代理店に勤務する30歳のマーリー・コベット(ケイト・ハドソン)は、大好きな仲間たちに囲まれ、仕事も順調、恋も気ままに楽しんでいる。独身生活を満喫するキャリアウーマンだ。ところがある日の検診で、医師ジュリアン・ゴールドスタイン(ガエル・ガルシア・ベルナル)から、突然の“がん”の宣告を受ける。何も起こっていないかのようにいつもの笑顔で元気に過ごそうとするマーリーだったが、友達はハレモノに触るようにマーリーに接し、母・ヴェバリー(キャシー・ベイツ)はただ悲しみオドオドするばかり。父は離れて暮らしていたために、どう接していいかも分からない。ジュリアンとの出会いも、患者と医師という立場が二人を遠ざけていく。周りの気遣いにマーリーはイライラしてしまい、八つ当たりする日々。友達とも険悪になり、両親との溝も深まっていく……。だがそんなマーリーを静かに受け止めてくれるジュリアンの存在がいつしか彼女の心を溶かし始めていた。明るく振舞い、自分の気持ちを隠していたが、本当は本気になって向き合って、傷つくのが怖かったのだ。ジュリアンが側にいてくれるおかげで友人や両親、愛する人に心を開き、素直になる大切さを知っていくマーリー。しかしその喜びに気付いた時、彼女に残された時間はあとわずかだった……。



好きな女優さんのひとりのケイト・ハドソン。
相変わらず笑顔がキュートです。

「死」がせまっている中、やはりそれはどうしても
向き合わないといけないことで、今まで何事にも本気になって
向き合うのが傷つくのが怖いから避けてきた分そこでどうしても
苦しくて逃げたくなる・・・というのがものすごく伝わってきた。

明るく振舞うことで「向き合うことが怖い」本心は
なかなか見えないんだけど、そこで現れるのがジュリアン。
ジュリアンと恋愛することで友人・家族、大事な人たちとの
繋がりに改めて感謝するところには感動したなぁ。

決して「泣かせよう」っていう映画じゃないんだけど
途中から涙が止まらなかった。

ジュリアンとのかかわりもドラマチックじゃないし、むしろ
現実的な描き方で「キレイ事」ばかり描かれたストーリーで
ないことが余計こちらが感情移入しちゃったのかな

見終えた後はやっぱり何事にも覚悟は大事で
向き合って傷ついても進んでいくことなのね、、、と思いました。

あんまり両親(特に父)とは仲がいいとは言えないので、
この映画の親子関係のように円満にはすぐなれなくても
ちょっとでも歩み寄れたら・・・と思います。

こちらの映画にはキャシー・ベイツ、ウーピー・ゴールドバーグも
出演していて豪華!

キャシー・ベイツの母親のセリフにも涙が溢れるよ。

DVDになったらまた観たいかも。

comment

post a comment


管理者にだけ表示を許可する

月別

プロフィール

りん

Author:りん

仙台在住のOLです。毎日笑顔で!をモットーに日々過ごしています。

楽天市場

お気に入り

検索フォーム

QRコード

QRコード

オススメ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。