スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フェルメールからのラブレター展

宮城県美術館で開催中の「フェルメールからのラブレター展」へ行ってきました。
宮城県美術館のお知らせはこちらから

17世紀のオランダの画家たちが描いたコミュニケーションの絵画たち。

メインのフェルメールの「手紙を読む青衣の女」が見たくて行ってきました。
日本初出品、修復後世界初公開!だそう。

フェルメールブルー、と呼ばれた鮮やかだけど派手ではない、
キレイなブルー

光の表現がすごくキレイでうっとりしちゃう

フェルメール作品のあと二つは「手紙を書く女」と「手紙を書く女と召使い」。
こちらも光の加減がキレイ

絵の解釈文を読んで、そういう解釈なんだって思ったけど、
「手紙を読む青衣の女」の女性の表情が切なさを醸し出していた気がしたよ。

絵は詳しくありませんが、他の画家たちの絵も表情豊かで
雰囲気あって見ていて楽しかった。
でもやっぱりフェルメールの絵がよかったなぁ。

2年前に、ルーブル美術館展に行ったのだけど、
その時のきっかけもフェルメールの「レースを編む女」が見たくて。

ANAの飛行機で配布している雑誌の中で
フェルメールの絵が紹介されていたのを見て行こう!と
東京まで見に行ったのでした。

フェルメールに縁があるなぁ♪
またフェルメールの絵が来ることがあればぜひとも見に行きたいです。

----------
宮城県美術館では、12月12日まで。
9:30~17:00(土曜日・日曜日は19:00まで開館)

東京展は12月23日(金・祝)~2012年3月14日(水)
Bunkamura ザ・ミュージアム(渋谷・東急本店横)
午前10時~午後7時(入場は各閉館の30分前まで)
※毎週金・土曜日は午後9時まで(12月30日、31日を除く)

comment

post a comment


管理者にだけ表示を許可する

月別

プロフィール

りん

Author:りん

仙台在住のOLです。毎日笑顔で!をモットーに日々過ごしています。

楽天市場

お気に入り

検索フォーム

QRコード

QRコード

オススメ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。