スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

3月11日 地震当日

今回の大震災が起きて1週間が過ぎました。
地震が起きてから今日はじめてパソコンの電源を入れました。
携帯ではmixiニュースを見るついでにつぶやいてはいましたが、
ブログへは書ける状態ではありませんでした。

精神的に落ち着いてきたので被災時のことを書きたいと思います。

私は仙台市青葉区在住です。
沿岸部ではないので津波の被害は受けていません。
家も倒壊せず、自宅に住める状態です。

私の今の仕事はコールセンターのオペレータです。
当時、私は電話応対中でした。

ちょうど地震発生時、お客様が書類を探すと言って
電話を保留にされました。

最初の揺れを感じたときはすぐに収まるだろう、と
楽観視していました。

だけど徐々に揺れが大きくなり。

11日の2日前くらい?にも地震があり、
その時他のパニックになったオペレータに
「落ち着いて応対して!」と注意があったので
電話を切らず落ち着いて対応しないといけない・・・と
心の中で「大丈夫大丈夫。落ち着こう」と言い聞かせていましたが、
揺れが止まらないしすごく大きい。

パソコンはセキュリティワイヤのおかげか
倒れたりはしませんでしたが、座っている椅子がグラグラ揺れる。

もう揺れが大きすぎてダメかも、と思ったとき
保留が解除され、お客様に「地震が来てるみたいだね」と言われ、
「また後にしようか」と言ってくださり、
「申し訳ございません。後ほど折り返します。」と言って電話を切りました。

その後すぐに机の下にもぐりこみました。
そして停電。

会社の自家発電で電気がついたけど、回線が一時期繋がらない状態。
お客様に折り返す、なんて言っていられない状況なの?と不安に。

みんな顔を見合わせ、「何?宮城県沖地震が来たの??」と
言い合っていました。

収まったかなぁと思い、机の下から身を起こすと
また大きな揺れ・・・

社員さんが「机の下に居て!」と声をあげ、
男性陣はパネル等が倒れないように支えている状態。

地震後すぐに外に出たほうがいいのかな?と同僚と話ながら
会社からの指示待ちをしていましたが、外へ避難せず中で待機。

ここで休憩中だったSくんが休憩所から戻ってきた。
最上階の休憩所にいて、揺れた時、自販機が迫ってきたとのこと。
テーブルの下にいたが、テーブルと一緒に横に流されたとのこと。

地震発生から30分くらいは何が起きているのか
わからない状態。

携帯は職場へ持ち込み禁止ですが、非常事態ということで
持ち込み許可が出て、みんな携帯で家族へ連絡を取り始めるも
繋がらない。

会社の電話機の回線状態も戻ったので、使用していいと言われ
みんなそれぞれ家へ電話。。。
だけとやっぱり繋がりにくい。

休憩室のテレビを見に行くと、「大津波警報」の文字。
気仙沼や南三陸は地震のたびに津波被害はどうなんだろう、と
心配になる地域ですが、ニュースの日本地図を見ると
北海道から関東までの太平洋側に大津波警報だったので
そこではじめて宮城だけじゃなく、太平洋側で地震発生しているんだ、
とわかったのでした。

ニュースでだんだん状況がただごとじゃないとわかってきたところで
帰宅命令が。

JRが止まっているのでJR使用の人、
沿岸部に自宅がある人は会社に泊まっていってもいいということで
点呼が取られていました。

私は歩いて帰ることに。

雪が降ってきたので止むのをまってからの帰宅。

同じ方向の同僚と帰りました。
外に出て、道路が大渋滞。
信号がついていない。

ビルの壁がはがれ落ちている状態。
道路にヒビが入っている状態。

現実に起きていることが上手く実感できない。

同僚と話をしながらなんとか気を落ち着ける。

車のヘッドライトで途中まで明るくて
歩くのに助かったけど、同僚と別れたあとから
真っ暗なところを一人で歩いた。

帰りの途中まではどこかで何か買って帰れるかも、
とかなり楽観的だったのですが、
周りはみんな真っ暗で本当に何が起きているんだろう?
と不安でたまらなくなりました。

家まで2時間。
家族の顔を見てホッとしました。

その後続く余震は怖くて、電気もないし
ガスもないから暖房が使えない状態だったので
コートを着たまま懐中電灯を枕元において寝たのでした。

今回の地震がどれほど酷いのか知るのは
次の日の朝刊を読んでからでした・・・

------------
★日本赤十字社の義援金・救済金募集はこちらから

テーマ:地震 - ジャンル:日記

comment

no subject

読んでいるだけでもその時の様子が伝わってきました・・・。
2日前も地震があったんですね;;
無事でよかった・・・。
精神的に落ち着いてきたとありましたが、まだ不安定ではあるとおもうので無理しないでくださいね。
  • 2011/03/19(土) 20:56 |
  • ことり |
  • URL
  • [編集]

no subject

本当に大変でしたね。。。
仙台に住んでいるということで、心配で毎日覗きにきてました。
とりあえず、無事でなによりです。

自宅も、津波の被害は受けなかったんですね。
それでも、身近な都市が大変な事になっているし
大変な状況が続くと思います。
こちらからは、今は寄付や節電、節水くらいの協力しか出来ない状況ですが
精一杯の協力をしたいと思ってます。

そして、これ以上、被害が拡大しませんように。
祈っています。そして応援しています。
とりあえず、無事が分かってなによりです。

no subject

ご無事だったんですね!よかったです。
何年も前からずっとROMだけしていて、
コメントやメールをすることはないだろう…
と思っていたのですが、今回の地震で
ご無事だったんだろうか、と、それだけが
心配で毎日見に来ていました。
ご家族、親せきの方もご無事とのこと、
本当に良かったです。
これからが大変だと思いますが、東北の
方だけではなく、全国民が寄り添っています。
一緒に頑張っていきましょう。
それでは…
神戸の震災経験者で今は東北のお隣の
県に住む者より。
  • 2011/03/19(土) 23:47 |
  • かえで |
  • URL
  • [編集]

Re: no subject

コメントありがとうございます。

そうなんですよ。
2日前にも地震があって、その時も大きかったから
もう地震なんてこなくていい、って話していたのに。。。

11日の地震がこんなにも被害をもたらすとは
ショックでなりません。

だけど1週間過ぎて、周りはだんだん復興に
むけて暗いムードから活発ムードになってきている気がします。
個人個人前を向いていけばきっと日本は元気になれると
信じています。
  • 2011/03/20(日) 17:36 |
  • りん→ことりさん |
  • URL
  • [編集]

Re: no subject

ありがとうございます。
ご心配おかけしました。
毎日見に来てくださっていたなんて
ホントありがとうございます。

私がいる所はまだいい方で、大変な思いをしている
人たちのことを思うと心苦しいのですが、
自分にできることを少しずつしていこう、と
思っています。

今日本中で協力しあおうっていう気持ちが
動いていることが、こういったコメントや
ネットでのニュースで知ることができて嬉しいです。

私も支援する側に回ってこれから意識して
生活していこうと思っています。

応援どうもありがとうございます。

  • 2011/03/20(日) 17:39 |
  • りん→ゆきちゃん |
  • URL
  • [編集]

Re: no subject

はじめまして。
コメントどうもありがとうございます。

かえでさんは阪神大震災の経験者だったのですね。
当時も辛い思いをされたことと思いますが、
今回も隣の県ということで大丈夫でしたでしょうか?

私はおかげさまで無事です。
心配をおかけしました。

かえでさんの言うとおり、全国民が寄り添っている感、
伝わります!

一緒に乗り越えて行きたいです。

また日々更新して元気なことをお伝えします!
  • 2011/03/20(日) 17:43 |
  • りん→かえでさん |
  • URL
  • [編集]

post a comment


管理者にだけ表示を許可する

月別

プロフィール

りん

Author:りん

仙台在住のOLです。毎日笑顔で!をモットーに日々過ごしています。

楽天市場

お気に入り

検索フォーム

QRコード

QRコード

オススメ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。