スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ザ・ウォーカー

この間「ザ・ウォーカー」を観ました。

ストーリー:
戦争によって文明が崩壊したアメリカ大陸。
“ウォーカー”(デンゼル・ワシントン)と呼ばれる男が、広大な大地を一人歩き続けていた。
バックパックには護身用の短刀とショットガン、そして世界に一冊だけ残されたある“本”を携えて。皮の表紙で覆われ、鍵のかかった分厚いその本に触れようとするものは、すべてウォーカーの手にかかって命を落としていく。
だが彼自身、その本を誰に、何のために届けるのか、一切の理由も目的も知らずに30年間、ただひたすら西へ向かって歩いていた。やがて、汚染されていない水脈を独占するカーネギー(ゲイリー・オールドマン)が独裁者として君臨する街を訪れるウォーカー。カーネギーもまた、ある本を必死に探していた。その本に記された言葉だけが、真に人々の心を支配できるというのだ。



感想はまぁまぁ・・・だったかなぁ。
でも、デンゼル・ワシントン、カッコよかった!
ソラーラ役のミラ・クニスも色気あってカッコいい~
ちょっとアンジェリーナ・ジョリーに似てる、と思ったらやっぱり
こちらでも取り上げられていたのを発見したよ。
『ザ・ウォーカー』に出演のウクライナ美女は誰もが認める“第2のアンジー”

「世界に一冊だけ残された本」て、予告観た時は
世界に本自体がたった一冊しかないものと勘違いしたよ。
そうじゃなくて、世の中に出回っていた本が一冊しか残っていなくて
それを巡る話でした。

その本が必要とされているわけ、はなんとなく
「そっかぁ」という感じでした。
その本の秘密は映画を観てみてくださーい♪


comment

post a comment


管理者にだけ表示を許可する

月別

プロフィール

りん

Author:りん

仙台在住のOLです。毎日笑顔で!をモットーに日々過ごしています。

楽天市場

お気に入り

検索フォーム

QRコード

QRコード

オススメ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。