スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

仙台市ガス局 都市ガス復旧

都市ガス、本日の16日中に復旧の見通しだそうです。

私の家は昨日復旧しました!!
水道は断水期間短かったけど、ガスは最後の方でしたね~

久々の自宅での入浴♪
のんびり癒されました。

今回の震災前から我が家では入浴後の湯は
捨てずにそのままにしておいているので、
断水してもトイレの水を流す時にとても助かりました。

78年の宮城県沖地震を経験した人たちは
みんな「お風呂のお湯は捨てずにためておいて」と言ってましたから。

今防災グッズを買いたくても買えない状況が
続きますが・・・

入浴後のお湯は洗濯にも使えますし、
地震の備えにすぐ実行できるのでは、と思います。

【河北新報ニュースより】
仙台市ガス、復旧きょうにも完了 当初見通しより早まる(4月16日)
スポンサーサイト

7日の地震

一昨日の地震。
揺れが大きくてびっくりしましたが(震度6)
私は無事です。

寝ようとして電気を消そうかな、と思った瞬間、
グラっときて、そのまま大きくなって本が倒れてきました。

そして停電。。。
(停電は昨日復旧しました)

それからちょっと起きていて、
津波警報がとけてしばらくしてから寝たけど
あんまり眠れなかったなぁ
(うちは沿岸部じゃないけど、親戚友達が
沿岸部にいるので)

7日の地震は「宮城県沖地震」?と思いましたが
専門家によると違うようです・・・

もうこんな大きな地震は来て欲しくないです。

お花見カフェ

先日行った七ヶ浜のSAIL YACHTというカフェ。
(アップした日記はこちらから

こちらのお店も津波の被害を受けました。

でも、お店の方はご無事でブログ更新をされていました。

赤い建物のカフェ。
また行きたいと思っていたお店でしたが、
建物は津波被害を受けたようです。

避難所生活の中、カフェを利用したお客様に
ご挨拶を、ということでお花見カフェをやりたいという
記事がブログにアップされていました。

16日、17日の桜が咲く頃に開催したいという内容でした。
(Sail Yachtさんのブログはこちらから(ゆったりカフェ))

詳細はブログにアップされるらしいので、
Sail Yachtのカフェファンの方には嬉しい時間に
なるのではないでしょうか。

被災しながらも復興のために地域を盛り上げよう、
元気にしよう、という飲食店や商店のオーナーさんは
たくさんいることと思います。

同じ七ヶ浜でも七ヶ浜国際村にあるカフェの
オーナーさんも避難所生活で調理担当をしている、
という記事を新聞で読みました。
(ネットの記事はこちらから

みんな一歩一歩できるところからはじめてる。

私もできることを!!と思いながら、
微力ではありますが・・・

東北人として復興までずっとできることをして
何か力になれたらいいな、と思います。

多賀城方面

この間の土曜日、多賀城へ行きました。
多賀城に住む友達に会うために。

多賀城駅まで波は来なかったらしいですが、
駅近くの友達の家までは波が来てて、アパートの
一階部分が浸水したとのこと。

友達は親戚の家に避難中。

友達の家付近を見回すと、見慣れた風景に
色が付いていない感じ・・・でショックを受けました。

話を聞くと多賀城自衛隊の駐屯地の門ギリギリまで
水が来ていたようでした。

いつも友達と行っていたところがすべて
倒壊されていて、いつも走る道路脇には流された
車が残っていて・・・
私が行った時期は車の撤去がはじまっていたので
徐々に減っていっていたところだと思います。

友達には、ショックを受けるから来ないほうがいい、
来ても(被害を受けた場所を)見ないほうがいい、と
言われていました。

実際見てショックを受けました。
だけど、見た景色は忘れてはいけない、と思いました。
災害の怖さを忘れてはいけないから。

そして今日、テレビで塩釜の風景が映っていました。
塩釜の市場辺りは大きな被害はなかったようで、
市場の再開の話題がリポートされていました。

ただ、その市場まで行く途中の風景が、
私の知っている風景じゃなかった・・・

多賀城に行った時塩釜も通ったけど、
初詣に行った塩釜神社近辺の道路には泥の跡が、
塩釜みなと祭りに行く途中の道路沿いにあったコンビニや
ガソリンスタンドは建物の枠だけが残っている状態だったのを見ました。

もっと先へ行けば松島へ続く道。

去年行った時渡った、渡月橋も津波でなくなったとのこと。

日本三景の松島の観光地も被害を受けた。
また観光客で賑わうように復興をみんな願っている。

matsushima01.jpg
【渡月橋 2010年11月】



お風呂紹介サイト

先日ネットのニュースで関西の銭湯好きの
グループの方が、被災地でお風呂に入れる情報を
まとめて公開しているというのを見ました。

東北、関東の一部を含めて紹介されいて
各施設に電話確認をしているということ。

こういうサイトがあるととても嬉しいですね。

ふろいこか~プロジェクト
【被災地地域の入浴施設情報をまとめたサイト】

http://www.sairosha.com/furo/furoikoka/hisaitijoho.htm

タグ:入浴施設 お風呂 宮城 仙台 地震情報

節水

ガスの復旧がもしかしたら早まるかも、
と思っていましたが、うちの地域はまだです。

全国のガス事業者の方が応援にかけつけてくれて
作業にあたってくれているとのこと。
そのためだいぶ先と思われた復旧も少し早まる期待が。

日本中、世界中からの支援があることに
毎日感謝の気持ちでいっぱいです。

現在ほとんどの家庭が電気水道が復旧しているので
ガスが復旧するとお風呂に入れるようになるのですが・・・

現在問題になっているのが下水処理の問題。

震災で下水処理施設がダメージを受けて、
ほとんどの下水処理場の機能が停止をしていて
下水処理が通常の2割程度というところもあり処理が
追いつかない状態。

実際汚水がマンホールから溢れているところもあり
生活排水を抑えるように呼びかけられているのが現状。

なのでガスが復旧したあと、お風呂に入る家庭も
増えるのでその分排水が増える・・・

下水処理の復旧には長期に時間がかかるらしいので
みんなで節水を心がけないと汚水が流出してしまいます。

お風呂の残り湯は洗濯に使用したり、庭に撒いたり、
トイレ用に使う・・・等々
ひとりひとりが節水を心がければ使う水の量も減るはず。

恥ずかしい話、震災前はシャワーや洗顔するときとか
水の量をあまり気にして使っていなかったと思います。

生活排水が増えて汚水流出が起きてしまうと
下水道の復旧のための点検、作業が送れてしまい
復旧がさらに長期化してしまうとのこと。

汚水が溢れるたびに応急処置の手間が増えてしまうと
復旧が遅れます。

節電もそうだけど、節水もしていきます!

【河北新報ニュースより】
下水あふれる恐れ 宮城県、節水徹底呼び掛け(3月28日)
汚水あふれ街に異臭 浄化センター壊滅 仙台圏(4月1日)

月別

プロフィール

りん

Author:りん

仙台在住のOLです。毎日笑顔で!をモットーに日々過ごしています。

楽天市場

お気に入り

検索フォーム

QRコード

QRコード

オススメ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。