スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

料理教室(パン)

料理教室で作ったパンを撮ってはいたけど
なかなかブログにupするのを忘れてしまっていたけど
記録に残したいので、ご紹介♪

スパイシートマト
スパイシートマト

形はハートで可愛いけど、ブラックペッパーが効いていて
名前の通りスパイシー。

ベーコンとトマトソースとブラックペッパーを
生地と生地の間に挟んでハートに成形して焼きました。

このハート形の成形方法、違うパンにも使える!と思ったけど
まだ他のものに応用していません(汗

味の好みは分かれるだろうな~
私は普通・・・可もなく不可もなく。。。
甘党の家族はあんまり好きじゃないみたいです(笑

もうひとつはオレンジカスタード
こっちは家族に好評♪

あ、でも、カスタードクリームに洋酒が入っているので
妹には「お酒が効いていないほうが好き」と言われました。

オレンジカスタード

オレンジカスタードとかはちょっとしたプレゼントにも
いいなぁと思って、小さい菓子パン系は作ると友達にも
あげています。

もっと家で作りたいな~

習っているパンは発酵時間そんなにかからないけど、
時間を取らないと!って思っちゃうとなかなか作る時間がありません。

でも「おいしい」って言われると嬉しいです。
前はお菓子作りにはまったけど、パンもやっぱりいいね♪
スポンサーサイト

チロル

密かに?リピート率が高いイタリアンのお店「チロル」

会社帰りや友達と遊んだときに
「何食べよう?」ってなったときに気軽に行けるのがココ。

おいしくてボリュームあるのに安いと思う!

いつもはパスタセット(1,480円)なんだけど、
この間はイタリアンコース(1,980円)をお願いしました。

前菜、ハーフサイズパスタ、魚or肉料理、デザート、ドリンクの
セットなのです♪

携帯電話で取った写真なので写りがちょっと悪いけど
一通り撮ってみたよ。

チロル前菜

前菜のサラダはボリューミー!
ドレッシングも美味しいです♪

チロルパスタ

いろいろきのこ、っていうネーミングのパスタ。
ハーフサイズとは思えない、1人前といってもいいくらいの量。
クリーミーで好きな味です。

チロル肉料理

お肉料理は、子牛肉のきのこソース。
魚とお肉料理は6種類から選ぶことができます。
なんか注文したあとに気付いたけど、きのこずくしになっちゃった(笑

チロルデザート

締めのデザート♪
ティラミスとバニラアイスにベリーソース掛け。

これだけ食べて2,000円以内は満足です。

前菜の前にパンもついて、お肉料理のときも
別のパンがつきました。

隣のテーブルではチーズフォンデュをしていて、
美味しそうだった~

会社の送別会どうしよう?って悩んでいたから
ここでパーティコースで送別会いいな~と思ったのでした。

仙台の街中で夜ご飯食べたい、と思ったら思い浮かぶのは
ここチロルだなぁ~

お勧めです♪

ウォールストリート

続いてまた映画のお話。

「ウォールストリート」観ました。
「ソーシャルネットワーク」の次だからあんまり
考えなくていいものって思ったけど、結局コレ。

まぁ複雑なお話ではなかったけど、ソーシャルネットワークに
続いて、いかに成功していくか、とか目的を遂げるためなら、
とかちょっと考えちゃって疲れたかも(笑

2008年投資銀行に勤めるジェイコブは順風満帆な人生を送っていた。
付き合っている彼女との結婚も決め幸せな毎日を送っていたが、ある日勤め先の株価が暴落し会社は倒産。ジェイコブも資産やお世話になった大事な人を失ってしまう。株価暴落の裏にある陰謀が潜んでいたことに気がついたジェイコブ。復讐を目論むが・・・。そんな時彼女の父で元大物投資家のゲッコーに会う。インサイダー取引で刑期を終えたゲッコーにジェイコブは接近して・・・



「ウォール街」の続編のようですが、元を知らなくても観れました。
でも元を知っていたらもっと興味を持って観れたのかな?

投資についての話がいっぱい出てきますが、
そんなに専門用語たくさんならべて難しくしようっていうところは
なかったので、結構どうやって復讐するのかなーってちょっと
ハラハラしながら観てました。

といってもすごくハラハラするものではないです。

人間てやっぱり欲張ると限界を知らないというか、
もっともっと・・・ってなるんだね。

リーマンショックの話も出てきたり。
金融破綻て怖いな・・・と感じました。

裏切りもあるけど、最後はまぁ収まったなーって感じでした。

ソーシャルネットワーク

ちょっと前に観た映画のお話。

「ソーシャルネットワーク」観ました。

ソーシャルネットワーキングサイト「Facebook」創設者マーク・ザッカーバーグを描いた映画。
ハーバードの学生だった頃にフェイスブックのサイトを友人の支援を受けて立ち上げ、サイトを巨大化させる。しかし、フェイスブックの元となるアイデアを盗用されたと訴えられたり、友人もマークから離れていく・・・。



彼女に振られた腹いせにブログに彼女の悪口を書いたり、
頭が良すぎる所以、することが半端ない。

マークのコンピュータプログラミングの天才的なところとか、
頭の回転速すぎて早口でたたみかけるように話すところとか、
観ていてすごく頭のいい人でこんな感じな人いるよなぁって
すごく感心してしまいました、主人公を演じている俳優さんに。

軽く観れる映画なのかしら、って思ったけど
人間関係が複雑だったりしてちょっと心が痛むストーリーだったなぁ。

世界観がすごくて縁遠い世界をのぞいた感じ。

フェイスブックほど大きくなったら、
やっぱり何事も穏便にはいかないんだね・・・と思いました。

でも、このストーリーは事実と違うんだと聞きました。
確かに彼女に振られた腹いせに取った行動は最低すぎる・・・

人に左右されやすい私からすれば、何かひとつに信念をもって
取り組んで成長させていくところはすごいなーって思いました。

「あーだこーだ言うならまず何かに夢中になってやり遂げてみなよ!」
って言われた気分、そんな感じです。

月別

プロフィール

りん

Author:りん

仙台在住のOLです。毎日笑顔で!をモットーに日々過ごしています。

楽天市場

お気に入り

検索フォーム

QRコード

QRコード

オススメ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。